何かに向かって走ってたら、気がついたら走る事自体も楽しくなってた。

IMG_9113

6月末、長い事一緒に時間を過ごして来た飲食スタッフが数名、退職します。

昨年の末ごろから決まっていた、卒業のタイミング。

退職 というとどことなく寂しい気持ちにはなりますが、
MAISONETTEinc.にとって、
一つの転機がきたな、
と感じたので日記を書きたくなりました。

「人が会社を辞める」という事について少し考えてみました。

もちろんマイナスな事もあります。
シフトどうするー?なんて話題も出たり。

たくさんの事がリセットされたり、
変化を余儀なくされたり、
良くも悪くも会社は
「そのままではいられない」
状態になります。

常々思っていること

「変化は進化であり、停滞は後退だ。」

変化を退化とするか進化とするのは自分たち次第。
だとすれば、全ての変化は進化と捉えればいい。

同じ人がずっといる会社、お店の良さもあれば、
人がある程度入れ替わり、風や空気に変化が産まれるお店もあります。

どちらが正しい判断なのか、ではなく、決断を正しい答えにしていく努力。

人が入れ替わるのに、店や会社が変わらない方が気持ち悪いな、と改めて思いました。

人は歯車ではないし、皆”個性”がある人ばかり。
その”個性”が変わるのだから、変わって当然。

人数が一時的に減る事で
「どう働く事が良いか」 「どんなお店をやっていくのか」 「どんな仕事に集中するのか」
そんな事に向き合う機会を貰えました。
「暮らし」ということ
「日常」ということ
そんな事についてこれまで以上に考えた気がします。

僕たちが本当に 「やりたいこと」 とはなんだったかな。

辞めるスタッフは新しいお店を自分で始めたり、
新しい仕事についたり、新しい暮らしが待っています。

夢や希望に満ちあふれた話に、聞いてる自分が「ワクワク」します。

じゃー残るスタッフは何をしたいのかな、と。

「で、俺はどうする?」 と。

MAISONETTEinc.という会社がお客さんにとっても
働くスタッフにとっても、そして自分にとっても、
「ワクワクする場」でありたい。

会社になって6年目。
気がつけば飲食店は4店舗、物販の店もでき、スタッフは一番多いときで23名ほど在籍していました。

本当に良いスタッフに恵まれ、
有り難いことにきっとMAISONETTEinc.という会社は総じて「順調」と言えるんだと思います。
5年続く会社なんてほとんどない と言われる時代に。
もう会社辞めてやるー!と思った事が一度もない。
本当に有り難い事です。

そして今、たまたまとはいえ、一度にスタッフが退職する機会を得て、
会社を立ち上げた頃の事を思い出しました。

フリーランスでスタイリストをしていた自分が西川と出会いMAISONETTEと名乗り始めた頃のこと。
株式会社に変わり、re:Liを始めた頃のこと。
MAISONETTEinc.のはじまりは、山本と西川の2名で撮影の仕事だけをしていました。

アシスタントに今はジュエリーデザイナーの林田と、子供服のブランドを自分でやってる柴田。
そして、re:Liの店長に大岩、管理栄養士の奥村、フードスタイリストの江川。

全部で7名。小さな小さな組織でした。

re:Liのランチなんて、最初の数日は5名様だったり、8名様だったり。
苦笑しながら、ビラ配りに行ったりブログを書いてたりしていた記憶があります。
今では人気ですぐ完売するチーズケーキも、
全然オーダーでなくて困ってたりした頃もありました。

毎日毎日、
「自分たちがやりたいこと、形にしたいことってなんだろう」
と話し合いをしていた気がします。
自分たちの「おいしい」や「素敵」をどうしたらお客さんと共有できるのだろう、と。

僕たちはどこに向かってるんだろう? と。

先日、残るスタッフ一人一人と改めて話をしたら、

「次の店長を自分がやりたいです」
「こういうことに挑戦したいです」
「こんな料理をもう一度勉強したいです」
「ウェディングドレスをもっと制作したいです」
「こんな撮影に1人で行けるようになりたいです」
などなどなど。

正直、めっちゃワクワクしました。

会社や店の変化に対して、驚くほどたくさんのスタッフが、
「前向きな変化」を自らしようとしてくれていました。

人が減る事で募集をかけ、たくさんの方と面接をさせて頂きました。
今回のタイミングで入社してくれたスタッフもいますし、ただ闇雲に人員を増やそうとは思えず、
面接の末、お断りさせて頂いた方もいます(ごめんなさい)

IMG_0817
働く とは 能動的に生きる事

昨年末、自分の口から出た言葉。
本当にそう思います。

そして、人が入れ替わるこのタイミングで、少し大きな決断をしてみました。

re:Liというお店をこれまでとは少し違う形にすること。
Maison YWEにこれまでなかった定休日を作る事。
各店舗の店長を再考し、よりクリエイティブに1店舗1店舗を見つめ直す事。
撮影の仕事も少し事業拡大する事。
などなど。

特に7月と8月は6年間走り続けたMAISONETTEinc.にとっての、
「少し立ち止まり、自己投資に時間を使う2ヶ月」としました。
6年間でたくさんの方に出会い、僕らの価値観も少しずつ更新されてきました。

6年経った今、改めて思う、僕らの「良い仕事」とはなんだろう。

そのために学べる事、挑戦出来る事はなんだろう。

料理の勉強をしたり、農家さんに会いに行ったり、
パソコン技術を学んだり、カメラの事を学んでみたり。

僕らはこの先、まだ20年も30年もなんらかの形で「仕事」をしていきます。

そのために、この2ヶ月を「どーーーーーん!」とステップアップする2ヶ月と捉え、
ちょっとだけ、自分たちのための時間を頂こうと思います。

とはいえ、
re:LiもYWEも&EATもisitsoup?もTHINK TWICEも営業しています。
もちろんMAISONETTEinc.はバリバリ撮影や内装プロデュース、企画や制作にとお仕事頂いています。

休業するわけではなく、
少しだけ「自己投資」に向けて会社全体が意識する2ヶ月にする。

ただそれだけの事。

そして、そんな決断ができる会社である事を誇りに思います。

MAISONETTEinc.にとって一番大切なのは「人」だと、10年先も20年先も言っていたい。

6年経ち、少しだけ僕自身が大人になったのもあるのだと思います。

やりたいこと、興味のある事も変わりました。変わって当然。
ブレてるなんて全く思いません。根底は同じ。
ただ、自分が成長して更新されました。

この成長を、しっかりとお客様に還元出来る環境作りをしたい。

地に足つけて、身の丈にあったことを、ほんの少し背伸びして。

良い会社、良い組織、そして良いお店でありたい。

退職するスタッフにとって
「元MAISONETTEinc.」という事が誇りであるよう、
僕らは僕らのやるべきことを、やりたいことをしっかりとやっていきます。

立ち止まり、、、、なんて言ってますが、
結局、突っ走りながら日々暮らしていきます。
何事にも全力で。
走る事がすきなんです、きっと。

IMG_0759

山本



DATE . 2016.07.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。