ARIKI 2012-13A/W EXHIBITION & TALK LIVE

Junya Watanabe COMME des GARCONSから独立し、
ARIKIのデザイナーである有木氏を迎えてのトークライブ。
STANDARD MAGAZINEにいち早く反応頂き、
写真を撮りおろしてくれた有木氏。

ファッションを軸とした対談形式。
こういったイベントが最近re:Liでも定着化しつつあります。
ドリンク片手にフランクではありますが、何かを感じて帰っていただけたら幸いです。

今回もUSTの配信と一部ARIKIの展示、受注会も行います。

¥1000 1drink+ARIKIからこの日限定のgoodsをプレゼント。
お気軽にお越し下さい。

大須のセレクトショップ、
fro・nowhereさんでの展示・受注会の後でのアフター的なパーティです。

トークイベントにお越しになるお客様は、
もしお時間が許すのであれば是非店頭でしっかりと服を見たり接客を受けたり、
事前情報を少しでも。

トークライブでの話の入り方が変わってくると思います。

尚、貸切ではありませんが、イベントのため通常営業は

17:00 ラストオーダー
18:00 close

となります。

少しの休憩を挟み、その後トークライブへと。

これまでre:Liでのファッション系のイベントが多数行われました。

学生や名古屋のクリエイターが集うパーティから、
DJやアーティストのイベント。
そしてシトウレイさん、Ohta、Etw.Vonneguet。。。。などなど。

こういったパーティにおいて、
その場の空気を生で感じるかどうかってとても意味のある事だと思います。
さらに手の届く距離で。

目の前で、人が話すという事。

ブログやHPは削除も出来れば書き換える事も出来る。
ツイッターやfacebookにしても。

目の前で言葉を発するという事に、
大きな意味があると思う。

それは聞く側にとってはもちろんの事、
話す側にとっても大きな意味があります。

僕は今回も参加させて頂きます。

是非皆さんもいつか、「話す側」として参加して欲しい。

そういうパーティやれたら面白いですね。
皆で座談会。

YUHei



DATE . 2012.05.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。