iphoneで振り返るアメリカの旅その2 -portland編-

port-30

前の日記からすっかりと日にちがたってしまいました。

旅はここからポートランド。
ついに、です。

POPEYEのポートランド特集号片手に、あの雑誌やあの本でも勉強してきました。
ポートランドに詳しい友人達からオススメのお店もたくさん聞いて。

まずはACEHOTELの朝ご飯から一日の始まり。

port-31

気合いを入れて早起き。

家具の雰囲気や空間の作りはなんとなく自分が得意とする空気。

お腹いっぱいにグラノーラやサラダ、コーヒーも飲んでいざ出発。

 

port-33

 

この看板を横目の、今日はコーヒーは我慢して。

port-34

結局ACEHOTELの横のこのお店には一度も入りませんでした。

すごーく素敵でした。店員さんも含めて!(奥にチラリと)

白いエプロンてなんか面白い。日本人で似合う人って限られてる気がする。

port-35 port-36

初日はせっかくなので徒歩で散策。

雑誌などでは自転車やバスをオススメされてるけど、まずは徒歩。

なんとなく、どこの国に行ってもいつもそうしてる気がします。

歩くスピードでしか見えないもの、感じられないものがある。

port-37 port-39

 

単純に街並と言ってしまえばそれまでだけど、

治安の悪いエリアは徒歩だとやっぱり怖いし、自転車だとそれほどでもない。

この「肌で感じるもの」を大切にしたい。

port-41 port-40

歩きながらも、目に入るコーヒースタンドやショップには全て足を運ぶ。

看板一つとっても、ちゃんと個性がある。

自転車に優しい街。

port-42

POPEYEに載ってたここは前を通るだけにした。

すごくかっこ良かったんですけどね。

自然と入ってしまうお店と、なんとなく見るだけでいいか、って思ってしまうお店。

この違いがなんなのか。

port-44

こちらのギャラリーにもお邪魔して買い物してきました。

日本で言う「ギャラリー」って無理矢理空間つくって「見せてます!」って印象を受けるけど、

もう少しイージーでフラットな空間というか、

モノに向き合える空間作り。

あくまでも展示物が一番だとすれば、きっとそれが正解なのかもしれない。port-45 port-46

ここのスープが最高に美味しかった。

見た目濃い印象なのに、とてもあっさりと。

お腹も満たされるし、ノージャンルで無国籍な味。

こういうの、求めてた。

アップルパイもシンプルでとても美味。

 

port-43

 

パン屋さんもたくさんでした。

パンは日本の方が美味しいような気がする。port-55 port-66

なんでもないものまでデザインがちゃんとしてる。街作りってそういうこと。

Maison YWEの周りももう少し「街」としてデザインされていくといいのに。

名古屋では中々そういう概念難しいんでしょうか。

客観的に見ても、あの通りがキモなんじゃないかと思うんですけどね。

そんな事を考えながらあちこち歩き回る。

port-63 port-59

port-54 port-60

port-58
port-53
port-64
port-52
port-51
port-50

コーヒーはやっぱり美味しい。

値段も日本と変わらない。

働いてる人は皆スタイルがあるように感じる。(ひいき目?)

自分たちが名古屋というエリアで、どんな提案ができているんだろう?と。

 

port-49

BARBER行きたかったけど、行く勇気が出ない。

次回は是非。英語力。コミュニケーション力。

それは日本でも同じ。

port-48

ここ美味しかったなー!

なにこれ!超美味い!という感じじゃなくて、

結局2回3回と行ってしまったあの感じ。

日常に溶け込む感じ。

re:Liはこういうお店でありたい。(ちょっと方向性違うけど)

 

旅はまだまだ続きます。

 

 



DATE . 2014.12.30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。